2008年05月13日

食べ物の危機

色々なものが値上がりしてますね。
穀物価格の世界的高騰で小麦や大豆製品が、
その2次的影響で肉類が値上がり。
輸入品不足で国内産のものも同じく値上がり。
石油価格高騰がそれに拍車をかけています。
値段のことだけじゃなく、なんかやばいんじゃないでしょうか???
先日、とある方のブログでこんなことが書かれていました。

晴耕雨読(4/12)より
「私たち広島県人が食べている野菜のうち
県内で生産されているものは僅か11.7%という数字です。
残りの90%近いものは県外や外国で生産され、
運ばれてくるものなのです。
穀物も含めた広島県の自給率は23%とこれもショックな数字です。
物を運ぶということはそれだけ多くCO2を排出していることになります。
この様な数字を見ていると、私たちはCO2を食べているようにさえ思えます。
(中略)日本の自給率は39%と先進国の中では最も低く、
野菜も自給率は75%です。
米を除く穀物にいたってはその90%近くを
輸入に頼っている現状は、怖いというほかありません。」

日本の国の食料自給率が40%を切った、
というのは知っていましたが
まさか広島県にいたっては23%なんてビックリ!

今回の食物価格高騰は発展途上国に暴動を起こさせるほど。
他国が、日本に「○○しないと石油・食物を輸出しないよ」
なんていわれたらどうするんでしょう?

食料は料理と違い、今日作って明日できるものではありません。
自然と同じく、失うとなかなか元の姿には戻りません。
農業ができるかといえば、今の仕事があるので
なかなか踏み出せないのが現状ですが
せめて国内の、県内の農家・畜産家の方々を
応援しようと思います。

もし読んでくださった方で賛同いただけるのであれば
1品でも多く、国内・県内生産、国内原料のものを
選んで買ってみてください。
ラベル:自給率
posted by Masa at 12:54| 広島 ☁| Comment(3) | TrackBack(0) | スローライフ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ほんとそうだね。
食糧危機は過去や遠い話じゃーない!!
ということを自覚して
伝えなければね。
そして行動。
Posted by mina at 2008年05月14日 10:38
ほんとに自給できてないのは、悲しいことです・・

主婦になってから、この食べ物は安全なんだろうか?
から始まり、切実に環境からいろいろ考えるように
なりました。

日本の農家はずっとよく我慢してきたなあと思います。
大変だから、生活していけないから農家も減るのですね・・
今が見直されるチャンスではないでしょうか!

自給自足、やってみたいですね〜
自然と共存、私の夢です!
Posted by yumi at 2008年05月14日 19:33
ねぇ〜!農家の方々って大変だよね!

ある程度、歳を重ねて
自分の身体に向き合う年齢になってやっと
「農」や「食」を見直す人が多くなっているけど、
やはり私たちも子供もいるし、
その年齢に達しつつあるし、
早いうちになんとかしなきゃと思います。

週末は田植えです。
子どもたちも「おたまじゃくし」を期待しています。
四季が身に付きつつあって嬉しいです♪
Posted by masa at 2008年05月16日 16:32
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。