2008年01月18日

初!とんど

tondo_long.jpg
 1月に入ってからも師走並みのせわしなさ・・・
 気づけばもうすぐ2月ですね。

 そんな中、初めての『とんど』に参加しました!!
 14日のことですが。。。
 更新してなくてすいません!!


畑でお世話になっている広島市安佐北区白木の桧山地区。
今年度から始まった『農村サポーター制度』に応募して
その第1回目のサポート事業でした。

tondo_hakobu.jpg
 サポートといっても村の人ととんどを組み上げるだけ。

 大きな大きな青竹をみんなで運んで、
 男衆が立てていきます。
 子供たち、女性チームもお手伝いです。

 畑でつくったわが家のしめ縄も一緒に燃やしてもらいます。

午後からの火入れに村中から人が集まりました。
みんな竹の先におもちを挟んだり、
網にはさんだおもちをぶら下げて。。。
「なるほど〜」って感心するばかりです。

さていよいよ火入れ。
ゴウゴウと火は燃えさかり、あっという間に炎に包まれました!
どん!ばん!という爆発音が山々にこだまして
初めての私はかなりビックリ!
本当はそうしてとんどが崩れ落ちるそうなんですが・・・・
なかなか倒れず、村の人の手が入り、やっとくずれました。

待ってました!と言わんばかりにお餅を焼く子供たち。
手ぶらで行った私たちに村の人たちが
砂糖醤油やきなこをつけさせてくれました!
自家製のたくあんや竹酒、ビールに手羽などもふるまわれ
子供たちにはお菓子の詰め合わせまで!
感謝感謝です!!と〜っても楽しかった!!

村の人が
「来年は失敗せんよーにつくるけんのぉ。来年も来いや!」
「しまいにゃーここに住んでみぃや!」なんて
笑顔で言ってくれるのも
我が息子が地べたを転がりまわっているのを
おばあちゃん達が微笑ましく見守ってくれるのも
心から嬉しいです♪



ラベル:とんど 祭り
posted by Masa at 11:10| 広島 ☀| Comment(3) | TrackBack(0) | スローライフ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
 とんど!小さい頃は子供も沢山いたので
田んぼに、お飾り、書初め、お餅さした竹をもって集まり、
とんどをしてました。

 実家に聞いてみると、もう子供もいないし
行ってないとのこと!驚きました!
 子供の時、楽しかったのでショックでした・・

 毎年、子供の小学校でとんど祭りが行われるので、
参加しました。
 今年から衛生面で、おしるこやとん汁などが廃止され、
お菓子に変わってました。
 寒い時期なので、温かい物の方がありがたいのだけど、
残念でした。

 学校の運動場を使って、大きなとんどを組んであったので、
点火の時、点火直後は感動でした!
神さん、さようなら〜って感じで。

 子供もはじめて見て驚き、オチビはししまいに泣き、
でもしっかり頭をかじってもらいました!

 今年も元気に楽しく過ごしていけそうな気がしました。

 とんどをはじめ、子供がいなくなると、子供にとって楽しみで、
しかも大事だと思う行事がなくなっていくのかとさみしくなりました。

 途絶えるのは嫌なので、実家に戻ることがあるのなら、
復活させてやろうと思いました。

 皆さん、遅ればせながら、今年もよろしくお願いします!
Posted by yumi at 2008年01月20日 17:53
yumiちゃん、あけましておめでとう!!
わたしが行った村のとんどでも、
地元の子どもはほとんどおらず、
畑で参加しているところの子どもが大半でした。
やはりおじさんもおばさんも、子どもがいるからこそ
祭りに精が出るのだと思う。

周りには「少子化?」と思うくらい赤ちゃんがいて、
「子育てしやすい街中づくり」なんてのには
みんな一生懸命ですが、田舎離れに歯止めが効かないようです。

とんどで青竹を切ることで、適度な間引きができて
おいしい筍ができるのかな?よくできてるな、
なんて食いしん坊な感心の仕方をしている私でした・・・
Posted by masa at 2008年01月21日 10:03
うちも昨年まで続いていたとんどが
今年は場所がないということで中止・・・
残念です。

でも逆に主人の実家のほうでは
また盛り上がっている様子。
やはり自分たち世代にかかっているのかと
責任感じつつ。

とんどはなくしたくない行事のひとつですね。
Posted by mina at 2008年01月23日 11:00
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。