2005年09月11日

お絵かき大好き

最近子供がハマっていること・・・それはお絵かきです。
しかも、絵の具を使うのです。アート
絵の具って、小さい子供には扱いきれないんじゃないの?
と、思っていたのですが。
いやいや、これが、ケッコウな芸術作品を生みだしてくれるのです。ぴかぴか(新しい)一応お絵かきを職業としているMinaですが、最近はコンピュータばかり。
子供もお絵かきは好きだけど、
絵の具を出すのはめんどくさいし、汚れるし・・・っと思っていたのですが、
先日、Keiのおうちで絵の具で遊ばせてもらって、とっても楽しそうだったのです。

そこで、引き出しにしまわれていた絵の具と、筆洗いは使わないコップ!
スケッチブックと筆は100円SHOPで子供2人分を買ってきちゃいました。

2歳の娘は大胆に、7歳の息子はちまちまと、思うままに色んな色を
スケッチブックに繰り出していきます。
娘には、「水をつけたらいいよ」とか「タオルで水をふいてね」とか
ちょっとした注意を。
ちょっと絵は苦手かな?と思う息子には、テーマを与えてあげると
時間も忘れてたくさんの絵を描いていきます。

私も…とすみっこに描かせてもらうと、水彩画って癒し効果もあるのかな?
子供といっしょになってとても穏やかな楽しい時間が過ごせました。るんるん

子供のたいくつにはもってこい!と思っていたら、
もうちょっとステップアップのためにいいものをみつけましたひらめき

Ed Emberley's Drawing Book of Animals

「エンバリーおじさんの絵かきえほん」シリーズは他にも、「かお かけちゃうよ」、
「のりもの かけちゃうよ」などがあって、タイトルどおり、三角や丸、四角など
単純な図形や線を組み合わせて、顔や動物、機関車、などいろんなものの描き方を
おしえてくれる絵本です。
今回ご紹介するのは、「どうぶつ かけちゃうよ」。親しみやすいどうぶつを描くための
ちょっとしたコツ、描いていく順番なども丁寧に教えてくれているから
簡単に楽しむことができます。



私は子供の頃、あたりまえの動物の姿や人の形が描けなくて、
(足がたくさんある馬とか描いていた…)なんで?!と怒っていたような記憶があるのです。
今の2歳の娘もちょうどそんなかんじ。
でも、こんな強い見方を得て、子供も、それから私も、
もっとお絵かき大好きになりそうです!
posted by Mi-na at 03:00| 広島 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 子ども | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。