2007年05月11日

水をはった田んぼの風景

ちょっとのどかなネタ続きですが、
やはり田植えの時期ということで・・・
先日、ゴールデンウィークにはお決まり行事となった
田植えのお手伝いの御報告を。

ええ、もちろん私が使い物にならないのもお決まりなので
すっかり見物人だったわけですが。

今年は主人の実家にも自動化の波が!!

taue1.jpg

って、まぁ今まで押してた田植え機が、
乗用になってたっていうことなんですが・・・。

やっぱりどんどん高齢になるおとうさん、
そして頼りにならない(うそうそ!ごめん!!)
ビジネスマンの主人・・・ということを考えた結果の導入。

やっぱり去年よりはずいぶん楽そうでした。

そして子供たちは苗の入っていた入れ物を洗う係です!
taue2.jpg

いつもこの実家に来るたび感じること。
日本で昔から行われてた農業の生活って、
とても子供たち、家族を健康にしてくれると思います。

masaも、いろいろな情報を集め、協力を得て、
土に触れる体験を勧めているけど、
この農業が、今大変らしい。
実際を考えるとね。

機械で、大量に、作ってしまった方が早くて効率いいよね。
大変な作業だから、遠い国で若くて元気な人たちに
作ってもらったものを持ってきたほうがいい?

でも、この水を張ったキレイな水田の光景は、
どーかなくならないでほしい。

私も、もう少し役に立てるように、
野菜でも育てられるようになろうっと。





posted by Mi-na at 15:14| 広島 ☀| Comment(1) | TrackBack(0) | スローライフ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
minaの環境はホンットうらやましい!!
うちは毎年土を求めて、それはそれは労力を必要とします。
なんせ腕がないもんだから、誰か指導してくださる方がいないと不安だし、
いつも手入れできるわけでもなく、
なにしろ農家の方の肌で覚えた知恵や時季の感覚なんて恐れ入ります!!
本では得られない、その土地土地にそくしたノウハウは貴重で素晴しい!!

色んなところで「日本の農業」を支える運動があるので
少し高くてもそういったものに協力できたらいいなと思ってるんだけどね。
Posted by masa at 2007年05月11日 18:24
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。