2007年04月11日

食べること、学ぶこと

食べることは生きることの基本。
その元の食材は本当に安全でしょうか???

食べ放題の牛肉、フェイクのイクラ、コーヒーフレッシュなどなど
身の回りの加工食品の舞台裏を暴いた本です。



最近の食品加工技術はものすごく進歩していること、
食品添加物表示の抜け穴などなど、
私たちの求める見た目・安さ・流通などの結果、
我が子には食べさせたくないものが出回っています。。。
知れば知るほど怖くなる〜!

だけど無添加・無農薬などをやみくもに求めても無理な話。。。
要はうまく付き合っていく方法もまた知らなければならないわけで、
同じく別冊宝島から「食品のカラクリ4 体に安全なものの食べ方」が
でており勉強になります。

子どものために、孫のために、
ちょっと安全な食べ物について考えてみませんか???



ラベル:食育 食品添加物
posted by Masa at 14:24| 広島 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | オススメ本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
読むのが怖いけど、
真実は知っていたほうがいいね。
もしかして、娘が大好きで
よく食べているイクラは
フェイクなのではないかと
心配です。。。
Posted by Kei at 2007年04月11日 22:01
知らなければ知らないでハッピーかもしれないけど、
うちらの代にはでないけど、子どもや孫がアレルギーになったら・・・とか
考えるとやはりキチンとしておこう!と思う。。。
それなりにちゃんとしたものは、やはりおいしくて高価☆
でも服やパソコンなどにかけるお金とは桁違いに安いのではないかと、
言い聞かせています。。。。
Posted by masa at 2007年04月13日 09:52
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。