2007年04月03日

英語教育って。。。

先日、Masaも子供の英語教育について
語っておりましたが、
http://wewee.seesaa.net/article/35917817.html#more

私も子供の英語教育については
少し気付きがあります。。。

実は私は地域の小学校の児童館で
英語であそぼうというコーナーを担当しています。
最近まで、単に英語を使ったゲームを
して遊ぶというだけだったのですが、
子供たちの英語に対する姿勢を見ていると
ABCや英語で文章をつくらせる前に
やらなくてはならないことがあると気付きました。

それは、英語を学ぶ意義、
どうして英語が楽しいのかを知ってもらうこと、
いきつくところは、世界を知ってもらうことでした。

ある日、世界地図を広げて、
子供たちに外国にいけるとしたらどこに行きたい?
という質問をなげかけたことがありました。

90%の子供たちが
「日本がいい。」
「どこにも行きたくない。」
と答えました。

そして、どうして行きたくないの?
と聞くと、
「日本がいいから。」
「英語ができないから。」
という答え。

これには、頭を金槌で打たれる思いでした。

英語教育ばかりが重視されていますが、
世界には、日本にはないような
景色、食べ物、文化、宗教などがあり、
それを見てみたいとか、
その国の人に会ってみたい
というような興味が生まれれば
国際語としての英語を学びたいという
意識も自然と生まれてくるのではないかなーと
感じはじめたのです。

英語よりもまず、
子供たちに少しでもいいから世界を知ってもらうこと
そして、色々な国の人に会ってもらうことが
英語教育の基礎になるのではないかと思うのです。

そんな思いから、
児童館での英語のコーナーも、できる限りの範囲で
アメリカや中国、韓国、オーストラリアなどの
外国人のゲストを招待する形に変えました。
児童館運営の役員の方、
お母さん方、教頭先生や校長先生も協力してくださり、
少しずつ、子供たちに世界を垣間見るチャンスを
作ってくださっています。

一年後、子供たちの意識がどのように
変わるでしょうかー!!??
どきどきします!!



posted by Kei at 10:52| 広島 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 子ども | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。