2007年03月08日

たまにはしっとり…川が育んだ文化財

先週末、福山の
広島県歴史博物館で開催されている
”川が育んだ文化財ー広島県の重要文化財ー”展を
見に行ってきました。

写真家として父が関わっていた文化財の足跡をたどるということで今回はシブく・・・?!

fukuyama2.jpg
(触っちゃダメよ!ポーズをとらせてみたのです…)




文化財って普段、あまり意識することはないと思うんですが、
広島にもざくざくあるんですね〜。

広島は今に至るまで川の恩恵を受けているまちで、
反面、川の脅威もあったわけです。

福山市を流れる芦田川の、河川改修工事のさい、鎌倉〜室町時代に繁栄した町・草戸千軒町の跡が発見されました。

そこで発掘された土器や商売に使われていたお金、
漁業の道具などがたくさん展示されています。

今はもうない、そこに暮らした人の生活を想像する・・・
なんだかロマンじゃないですか〜。

企画展の中では、父のコーナーまで作っていただいて、
ありがたいことです…手前味噌なんでこのへんでやめときます。

ムリヤリ連れてった息子は、アンケートに
「一本の木で作られた仏像がすごかった!」などと書いて
何かしら感じたようなのでよしとします。

娘は案の定、早くいこうよぅ〜(一応ひそひそ声)と
いう感じでしたが、それをまぁまぁとなだめすかして
常設展に行ってみると!
発掘の体感!

fukuyama1.jpg
暗くて丸い部屋の真ん中に立つと、土器がポンっポンっと浮かび上がり、
最後は川の映像が一面に浮かび上がるんです!
(あ〜つたない説明ですんません)

これもやはり娘は怖い〜と逃げ出したのですが、
そこを抜けると、
草戸千軒町の再現!

これはすごかったですよ〜。(ここは写真撮影オケー!)
細部までリアル!

くもの巣とか…
fukuyama3.jpg

草花とか…
fukuyama4.jpg

すみません、すみっこレポートばかりして。
きちんと調査された時代考証の上の食物事情とかも
ありました!ハイ!
fukuyama5.jpg

てなことで、しっとりどころかいつもの
ドタバタプチ旅行だったわけですが、
たまにはしみじみ、昔の生活を想像し、川との関わりを
まじめに考えるのもいいもんです。

おみやげは、川船ペーパークラフトでした!





広島県立歴史博物館→公式ホームページ
〒720-0067 広島県福山市西町2-4-1
TEL: 084(931)2513/休館日:月曜日

川が育んだ文化財−広島県の重要文化財−
平成19年3月1日(木)〜3月31日(土)
一般700円


posted by Mi-na at 10:16| 広島 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | お出かけ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。