2007年02月01日

「女性は産む機械」発言・・・

現厚生大臣の「女性は産む機械」発言が波紋を呼び、
世界にも報道されています。。。悲しい。。。
「機械」だけでなく「1人頭の人数を増やすしかない」って唖然。
福祉や健康を扱う省のトップがこんなんだと、
期待できないって誰もが思うよね!

それに、子育てや妊娠を取り巻く同世代の女性には色々事情があるし・・・

「もう1人子どもがほしい」と思っても
できない・つくれない理由は様々で、
・周囲のサポートがない(夫の育児不参加・実家が遠い・待機児童)
・育てるのにお金が必要
・仕事のタイミング
だけでなく、最近よく聞くのが「不妊・流産」です。

これには計り知れない悲しみがあって、格闘があって本当につらいことです。
1人できても2人目がなかなかできないという話もよく聞きます。
生理が来るたびに絶望感にさいなまれていたと告白した友人もいます。
不妊治療は保健適用外で体の負担・心の負担だけでなく
経済的にもかなりの負担です。(これは早くに手を差し伸べてほしい!!)

私は3人目を妊娠して周囲に「国のためにがんばって!」と言われると
「あんたたちの年金のために子どもを産んでるんじゃない〜!!」って
叫びたくなります。

出産一時金が35万円になり立て替えなくても良くなったこと、
児童手当も値上げされたこと、これらは確かにありがたいけど(♪)
それで子どもが増えるだろうか???

政治家・役人の中に本当に家族に目が向いている人が何人いるんだろう?
つらい経験をした女性の話が分かる人は何人いるんだろう?って
正直、疑問です。。。


posted by Masa at 11:00| 広島 ☁| Comment(1) | TrackBack(0) | 母・妻・女性 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
うんうん、本当に。
革命起こしたくなります。
(ごめん極論で・・・)
でもまぁひとりひとりが問題意識を持って、発信して、政治も少しづつ変えていければいいね。
最近、朝○新聞のコマーシャルに改めて
衝撃受けたminaでした。
Posted by mina at 2007年02月01日 14:19
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。