2006年11月10日

何もできないもどかしさ

少し前、北朝鮮が核実験をしたというので
「日本も核についての論議が必要。論議をして何が悪い?」
という開き直りにも近いことを国のお偉い人が発言。
安倍さんの足元が悪くなるということで
現在はその発言を封印したらしいけど・・・

初めてその言葉を聞いたときは耳を疑いました!
「非核三原則」が反故にされる危機感。
広島人としてのしごく「アタリマエ」を踏みにじられる気持ち。

きっとこの人は原爆資料館に入ったことがないのかも・・・
面と向かって被爆者の方から話を聞いたことがないのかも・・・
そう思いつつも、広島以外の土地の方の感覚は
大多数が同じかもしれない。。。

「核保有」でなく一歩手前の「論議」とは言うけれど
実際、必要ないという意志が強固であれば論議も必要ないと思う。
もしかしたらそんな意志はないけど、各国との駆け引きで
発言したのかもしれない。

だけど、今もわたしたちの周りであの地獄を見てきた人たちは
自分たちが生きているうちに、そんな話が持ち出されるとは
夢にも思っていなかったでしょう・・・

昭和20年、戦時下であっても
生活があり、家族があり、恋をし、この国は大丈夫と
思っていた人々。
何が現在の私たちと違うのだろう。。。きっと同じ。

とはいえ何もできない(していない)私は
オススメサイトを紹介するくらいしかできません。
ちょっと見てみてくださいね。
POPだけど平和をマジメに考えてるサイトです。
バナーをクリックしてみてね!

マガジン9条


posted by Masa at 12:33| 広島 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 平和! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。