2006年08月18日

藤田嗣治展・広島県立美術館

広島県立美術館で開催中の「藤田嗣治展」に行ってきました!
涼しい美術館に子どもなしで来るのは
本当に快適でした!!

うちの家族はわりと美術館に行くのですが
その度、子どもに「静かにね」「走らない!」「さわらない!」って
かなりバタバタしたもので、じ〜っくり鑑賞するって
なかなかないものです。

今回は高校時代の同級生と女2人でヘッドセットまで借りて
近づいて、また離れて、とゆったり鑑賞できました。

猫や晩年に描いた子どもの絵を知っている人が多いのでは?と思うのですが
とにかく彼の色使いや油絵と墨の融合、
性格がにじむ緻密な筆のタッチや構図など
素人の私でも色んなところに感動しました。

ホント、間近で見ると異常なほど細かくて
西洋なんだけど、どこか日本がつきまとっている
不思議な作品群でした。
そして実際に藤田が作った帽子など、絵画以外もあって面白いです。

現在、中国新聞でもこの藤田についての対談記事が載っていて
これもまた興味深く読んでしまいます。

美術館って色々想像力をかきたてられて
芯から浄化されるというか、いい脳のエクセサイズにもなりますね。


8/3〜10/9まで開催中の「藤田嗣治展」。
詳細は→http://www1.hpam-unet.ocn.ne.jp/exhibition/Foujita.html
たまには子どもぬきで行ってみてください♪


posted by Masa at 10:51| 広島 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | お出かけ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。