2006年08月13日

若くなくても大丈夫。ウエディング・ウォーク!!

先日、主人のお母さんと実母と三人で山道を歩く機会がありました。
途中、かなり急な坂道に差し掛かったとき、
高齢で心臓の弱い母達と、運動不足で体の重い私は、
眉間にしわを寄せて立ち止まってしまいました。
そんな時、主人の母親が一言。
「こんなときこそ、ウエディング・ウォークよ!」

「な、なんですか?それは。。。」と私。

「三歩歩いて、四歩目はつま先を反対側の足のかかとにあてて休憩。
それからまた三歩歩いて、四歩目はつまさきでトンと休憩。。。
これを繰り返すと、足や心臓、呼吸器への負担を軽くしてくれるから、
とっても楽に山登りができるのよ。」と義母。

「ほほう、なるほど。」と、若くない私たち三人は、
坂道をこのウエディング・ウォーク
「1、2、3、トン、1、2、3、トン」で足並みをそろえて歩き始めました。

すると、びっくり。息がほとんどあがらず、
楽に坂道を上がることができました。
ゼーハー言って、私たちを通り過ぎていく若い女子達を横目に、
ちょっと優越感。

ただし、時間はかかりますよ。
そして、みんなが足並みそろえて歩く姿は少し奇妙ですが。
でも、確かに楽です!!
これで、山登りも楽しめるぞー!!


posted by Kei at 22:17| 広島 ☔| Comment(2) | TrackBack(0) | オススメ話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
想像して笑ってしまった!!失礼!!
でも何で楽になるんだろう?
これはアメリカの教えですか?
Posted by ingod at 2006年08月14日 13:41
お母さんも、ある人に習ったといっていました。口ぶりからすると、アメリカ人すべてが知っている訳ではなさそうだったけど。

でも、確かに楽なのよ。うちの母も非常にびっくりしてました!!
奇妙だけど、試してみる価値あり!!
Posted by Kei at 2006年08月16日 11:58
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。