2006年07月05日

幸せのつくり方 最終回

とうとう最終回です。。。
「幸せ」にはいろんな人の色んなカタチがあるので
どこでどう区切るのか、とても迷いましたが
とりあえず、最終です。

これまでで少しでも意外な自分に気づいたり、再認識したことはありましたか?
結婚して、出産して、まして仕事でもしていたら
自分の心の声に耳を傾けることってあまりないですよね。
でも時々は大切です。
幸せを見つけていく「目」を持つ。
自分の「好き」をふやしていくこと=幸せのつくり方です。

そして自分がわかってきたら、外にキチンと表現していくことです。
特に一番のキーマン"ダンナさま"に。。。(もちろん笑顔で)

「ありがとう」はもちろんですが
自分はどうしたいのか、何が一番楽しくて、今これに困っている ナド。。。
とにかく一番身近な他人に自分を常にわかってもらうこと、
ちゃんと言葉にして相手に伝えることが大切です。
大きなことよりもまず小さな気持ちから日々伝えていく、
「おいしいね」「ありがとう」「しあわせだね」など。

案外、お互いに「わかっているだろう」と日々やり過ごしていくうち
勝手な思い込みや表現不足でズレが生じることがあります。
そうなると、日々過ごすお家が楽しくなくなったりつらくなるかもしれません!

人は変わるもの。
あなたが変わるようにダンナさまも変わっていっているかもしれません。
変わり続けても、お互いを知っている夫婦っていいと思いません?
常日頃会話のある家族がなら、きっとあなたの夢を後押ししてくれるはずです。

幸せは自分自身が見つけ、つくっていく。
生活の基礎である家庭・家族を大事にする。
日々の小さな幸せと努力が何年もつづけば、
きっと最高の人生っていえるのではないでしょうか。


posted by Masa at 16:54| 広島 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 母・妻・女性 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。