2006年05月26日

せめてこんなダンナに・・・

minaやハムエッグさんの記事を読んでて思い出したのですが、
ダンナ様を理想に近づけるべく、
「してみせて 言ってきかせて させてみて
   ほめてやらねば 人は動かじ」(山本五十六)の精神で頑張ろう!

以前書きました。

するとある人からこんな質問が。
「やる気はあっても、と〜っても疲れててできないってダンナ様には
  どうしてもらったらいい?」
何気ないことですが、気付いたのです!!

最近、私も外出しての仕事が多く、
またダンナ様もお疲れモード・・・
そしてお家を見回すと、洗濯物の山とおもちゃの海。
私は掃除機と炊事で手一杯で、
毎日ダンナ様が干してくれる洗濯を取り込むまではいいけれど、
タタム余力がありませんでした。
もちろんダンナ様も。(うちでは2人でタタムのが常なんです)

でもね、気付けば感謝なんですよ!
そんな状況でもヤイヤイ言わないダンナ様って実はすばらしいな、と。
私が気になっているんだから、疲れて帰ってきたダンナ様も気になっているはず。
でも「何だコレ!?少しは片付けろ〜!」な〜んて言われたら・・・
皆さん想像付きますよね。

そこで、はじめの質問の答え、
「とにかく余裕ができるまで見守ってもらう。
 口を出すなら、自分でやってもらう」でどうでしょう?
あくまでケンカ腰でなく、お互いを理解したうえでのお話ですが。。。


posted by Masa at 11:03| 広島 ☁| Comment(1) | TrackBack(0) | 家族 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
うーむ。そうなんですよね。
私の主人は、あまり家事手伝うということはしませんが、少なくとも「あれができていない!これができていない!」とは言いませんね。これだけでも、ありがたい。。。。
「主人があれをしてくれない、これをしてくれない」の代わりに、「ありがとう」と思えることが、実はたくさんあるんですよねぇ。
いやはや、最近の投稿を読んでいると、色々と悟れるような気がします。ありがたや。ありがたや。

Posted by Kei at 2006年05月26日 11:34
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。